第28号 車椅子贈呈式 - アミューズメントフードホール ハローデイ

第28号 車椅子贈呈式

2011年 3月24日 下関市立安岡小学校の皆様と
松涛会 安岡病院さまへ、第28号の車椅子をお届けしました。
(ハローデイ綾羅木店)
第28号車椅子贈呈 「1個わずか0.5gにも満たないプルトップですが、約162万個を集めると、その重さは800kg。多くの方々から寄せられる善意の積み重ねで、28台目の車椅子を贈る事ができます。」
3月24日(木)、安岡小学校卒業生の皆様に集まって頂き、下関市内にある「松涛会 安岡病院」様で、その贈呈式を行いました。ハローデイ綾羅木店の戎谷(えびすたに)店長から「相手を思いやる心」について説明がありました。
第28号車椅子贈呈

贈呈証と車椅子をお贈りした安岡病院には様々な福祉施設が併設されており、その松涛会の斎藤理事長から「大切に使わせて頂きます」と丁寧なご挨拶を頂きました。また、今春中学生になる皆さんに、「将来は社会の役に立つ人になってください」と、激励の言葉を頂戴しました。50年の歴史ある松涛会の施設は、明るく近代的設備が目を引きます。これは、「自分が入りたい施設を造りました」と、利用者の立場で考えられた斎藤会長の思いの表れです。

第28号車椅子贈呈 安岡小学校の皆様は、定期的に安岡病院と交流を図っており、併設される施設に入所しておられる皆様とのふれあいも慣れたものです。校歌斉唱をはじめ、リコーダを使った演奏で和やかな空気が溢れます。そして握手会でも笑顔溢れる交流が図れました。
第28号車椅子贈呈 小学校最後の記念に、みんなで写真撮影です。
下関には、こうした地域に密着した施設や子供達の活動が根を張っており、お年寄りや身体の不自由な方々への思いやりの気持ちがしっかりと育まれていました。