タラのトマトスープ

印刷画面を表示する
VOL51
2010年2月
魚介類 炒める 煮る 180 Kcal(1人分)
タラのトマトスープ

●この料理を加えた献立例

ポテトと鶏の重ね焼き、コーンブレッド

(4人分)
タラ…4切 ベーコン…2枚 トマト(よく熟したもの)…中2個 玉ねぎ…1個 マッシュルーム…4個 セロリ…1/2本 ニンジン…1/2本 ニンニク…1かけ スープの素…2個 塩コショウ バター…大さじ1

(1) タラは、皮を包丁の背でこすってぬめりを
  取る。3〜4等分し、ザルにのせて熱湯をか
  け下ごしらえする。
(2) 玉ねぎは薄くくし型に切る。セロリとニン
  ジン、マッシュルームも薄切りに。
(3) ベーコンは小口切り、ニンニクはみじん切
  りに。
(4) トマトの皮を湯むきしてザク切りにする。
(5) 鍋にサラダ油を熱してベーコンとニンニク
  を炒め、玉ねぎ、セロリ、ニンジンも炒め
  る。
(6) 水4カップとスープの素を加える。タラを
  加えて2〜3 分煮る。
(7) 最後にトマトを加えて塩コショウで味を調
  える。仕上げにバターを落とす。

「たらふく」の語源にもなった?

タラは、淡白な身に似合わずどう猛な肉食系の魚。大きな口で小魚や貝類などをひと飲みします。その貪欲な食べっぷりから、お腹一杯食べることを「鱈腹(たらふく)」と呼ぶようになったという説もあります。

タラの卵はご存じの…

タラは多産系の魚。その魚卵はご存知「タラコ」として、皆さんの大好物「明太子」の原料にもなります。また、生のタラコを甘辛く煮たものも関東などではよく食べられています。

魚肉ソーセージやカマボコにも

タラの仲間にはマダラやスケトウダラがありますが、身が淡白なスケトウダラはすり身にしていろんな食材に加工されます。カマボコやチクワ、魚肉ソーセージなども、このスケトウダラのすり身をベースにして作られます。

お探しの食材と調理方法からレシピ検索ができます。 項目を選択頂き検索開始ボタンを押して下さい。(※複数選択可)