カレイのふりかけ焼き

印刷画面を表示する
VOL75
2012年2月
魚介類焼く 125 Kcal(1人分)
カレイのふりかけ焼き

●この料理を加えた献立例

カボチャのサラダ、アサリとズッキーニのトマトスープ

(2人分)
カレイ…2切れ(厚みのあるもの) ふりかけ(好みのもの)…小袋で2〜3袋 サラダ油…少々

(1) カレイは骨にそって包丁を入れて3枚にお
  ろす(身が厚いままだと火が通りにくく、ふり
  かけが焦げやすいため)。
(2) 両面にふりかけをたっぷりまぶす。
(3) フライパンを熱してサラダ油を薄く引き、
  (2) を両面焼く。火が強いと焦げやすいの
  で注意。

左ヒラメに右カレイ

平べったい姿で、目が並んでついているユーモラスなカレイとヒラメ。どちらも、海底に“寝そべって”上を通る獲物をねらえるようにこんな形に進化したようです。その見分け方は、腹を下にして置いた時、頭が左なのがヒラメ、右がカレイとされています(たまに例外もあります)。

カレイの正しい盛り付け方は?

カレイを尾頭付きで皿に盛るとき、どちらを頭にしますか?一般的に魚の正しい盛り付けは「左が頭」ですが、カレイだけは右を頭にするのが正式とされています。ただ日本料理店などでは、裏返しにして左を頭にする場合もあるようです。

女性に嬉しいコラーゲン

カレイを煮て一晩置くと、煮汁がプリプリと固まって「煮こごり」になっておいしいもの。これは、カレイに含まれる豊富なコラーゲンの証拠です。とくに多いのが「縁側」と呼ばれるヒレの部分。また、魚卵にも皮膚や粘膜を健康に保つレチノール(ビタミンA)が豊富です。

お探しの食材と調理方法からレシピ検索ができます。 項目を選択頂き検索開始ボタンを押して下さい。(※複数選択可)