第22号 車椅子贈呈式 - アミューズメントフードホール ハローデイ

第22号 車椅子贈呈式

2010年11月 8日 戸畑天使園幼稚園の皆様と
北九州市戸畑区の介護老人保健施設あやめの里さまに
車椅子をお届けしました(若松店)
第22号 車椅子贈呈式
街路樹も紅葉をはじめた2010年11月8日(月曜日)。
 はじめに若松店の貞永店長から、ハローデイのプルトップ収集活動の歴史や目的についてお話がありました。
 缶飲料でのどを潤おす時、『世界では飲み水すら簡単には手に入らない人々がいることや、プルトップを切り取りながら車椅子を必要としている方々の役に立つためにと考える』ことが重要で、相手を思いやる気持ちを育む社会貢献活動として、小さなお子様からお年寄りまで、誰でも参加できる取り組みとして活動を行っています。
第22号 車椅子贈呈式
続いて車椅子と贈呈証があやめの里の下河邉施設長様に贈られ「多くの善意で贈られた車椅子を大切に使います」とお言葉を頂きました。そして、あやめの里様から戸畑天使園の皆さまに感謝状が贈られました。
 戸畑天使園は、この日もたくさんのプルトップをお持ち頂き、次の車椅子のために若松店の貞永店長がお預かりしました。
 ここまで緊張の色を隠せなかった園児たちでしたが、歌のプレゼントでは元気な歌声を聞かせて頂きました。
第22号 車椅子贈呈式
元気よく、大きく手を振ってリズムを取りながらの歌声は、可愛らしく会場に響き渡り、入所していらっしゃる皆様や施設の皆さま、そして私たちも微笑まずにいられない「天使」の歌声です。
 この日、バスで到着した園児の皆さんは、約50名。時にはお遊戯も交えながら楽しく元気に、そして上手に歌のプレゼントができました。

 そして最後に、全員で握手を交わす「握手会」です。
「おじいちゃん、おばあちゃん、いつまでもお元気で!」と、一人ひとり交わす笑顔が印象的な握手会でした。
 実は戸畑天使園幼稚園では定期的にあやめの里を訪れ、歌やお遊戯の交流会を開いているのだそうです。日頃からお友達やお年寄りと接し、相手を思いやることができる人に育って頂ければ… そんな思いを強くした、今回の贈呈式でした。